• 作業員
    日本には、美しい四季がある。春には春の、夏には夏の良さがある。秋、冬も同様である。季節ごとの風物詩があり、それぞれの快適さがある。冬のピリッとした冷たさも、夏雲の雄大さ、暑い中ふと吹いてくる風の涼やかさも、忘れがたい魅力である。
  • 現場
    群れをなして襲ってくる敵を相手に戦うとき、その要諦となることは何かというと、群れの大もとを叩くことである。スズメバチ駆除で言えば、その巣を叩くことが、駆除を成功させるコツであると言える。

女王バチとの戦い

軍手

夏が終わり、秋が深まる頃にはスズメバチのシーズンも終わりである。
が、それは来年のシーズンの前にあるつかの間の休息にすぎない。スズメバチは、次の年の襲来の準備を、着々と進めるのである。… Read more

戻りバチを撃て

握手

スズメバチの巣と渡り合うとき、駆除業者が巣を取り除いたらそれで安心できるというわけではない。
どんな戦いも、決戦のあとのこまごました小競り合いを避ける小おテャ出来ないのである。
スズメバチに関して言えば、「戻りバチ」が、巣が持ち去られた跡地へ飛んでくることがある。… Read more

業者の戦い方

防具

庭の植木や、家の外壁などにぶら下がっているスズメバチの巣を前にした駆除業者は、さまざまなアイテムや作戦によってこれを駆除する。
そこで使われるのは、殺虫剤であり、巣を覆う袋であり、粘着シートである。… Read more

一般市民の戦い方

白いヘルメット

「スズメバチの駆除の方法」というよりは、「スズメバチとの戦い方」とした方が良い。
殺虫剤を吹きかけられれば、かなりバタバタするものの最終的には死んでくれるゴキブリとは違い、スズメバチは一矢報いようと針を突き出してくる。
相打ち覚悟で向かってくる害虫に対しては、こちらもしっかりと「戦う」という意識を持たなければならないのである。… Read more

殺虫剤で戦え

受付

相手は虫だからと言って、ハエたたきや新聞紙を丸めたものを持って向かうのは危険である。スズメバチに対しては。
スズメバチの大きさは、新聞紙を丸めたもので撃退することが出来るゴキブリ(成虫)よりは小さいものの、そんな物で立ち向かうのは、戦車部隊にピストル一丁で臨むようなものなのである。
なぜなら、スズメバチは普段は尻に収納している鋭い針から毒物を出すからである。器用に飛び回って、隙を見つけては突き刺す針からは毒液が放出される。
針に毒液を供給する毒嚢(毒の袋)が空になるまで、執拗に突き刺してくる種もある。全弾を撃ちこみ、確実に殺傷する気で向かってくるのである。子どもがチャンバラゴッコで使うような代物で、どうにか出来るものではない。… Read more

防護服を着よう

ヘルメット

「スズメバチを駆除しよう」という言葉には、言外に「防護服を着よう」という意味が含まれていることを忘れてはならないであろう。
それは言うまでもないことなので、あえて誰も口にしないだけなのである。
業者だけがそうなのではない。家に巣を作られてしまった人が、自分で駆除に挑戦しようと思ったときにも同じことが言えるのである。… Read more